運動遂行と不安の関係グラフを見れば、逆U字型を見ることができるだろう。
不安や興奮が高いときと、低いときの運動遂行は中程度の適正状態よりも良い運動遂行を得ることができない。
ここでいう興奮の適切なレベルの領域は、個人に応じて、それぞれ違いがある。

また、個人個人違うのは分かるが、同じ人でも、さまざまな状況にしたがって、異なる適切なレベルの領域を持つようになる。

例えば、プレーヤーが常に練習してきた場所での競争をする状況だと、心を適当に練るレベルで感情を調節できる。
しかし、同じ試合でも大きな規模の大会や慣れていない環境では、不安レベルが高くなりすぎないように感情を調節するのが難しくなる。

・不安と運動実行の関係

選手が自分の不安レベルを調節するメンタルトレーニングをすることができるよう支援することは、指導者の最も重要な能力の一つ である。
もし選手が実際の試合の状況で高すぎるか低覚醒レベルのために最高の力を発揮できない場合は、 いくら物理的な準備を整えても無意味になる。
ここで、指導者が選手たちの感情を調節するメンタルトレーニングの準備を助けることができる2つの方法を紹介する。
・自信を高めることができる効果的な目標設定 ・心を安定させる適切な技術の使用 効果的な目標設定については。

選手たちは試合の状況で発生する可能性のある漠然とした心配に気を使うよりも 効果的な目標に焦点を置くべきである。
例えば目標はさまざまな難易度で設定することが効果的である。
これは挑戦可能で、現実的なもので、 達成することで、自身を持つことが出来る。

心を安定させることは、練習を通じて学んだり向上することができる身体技術だからである。
不安に伴う身体的反応を調節する過程で、高すぎる不安レベルに切迫したとき、心を安定させる適切なメンタルトレーニングを習得した選手は、 このような方法を適切に使用することができるのである。
目標設定と心を安定させることで実現するためには、選手が不安レベルを適切に調節することができる レベルでなければならず、競技に必要な要素に焦点を当てることができなければならない。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans