離婚訴訟へ踏み切る場合には、ある程度、勝訴が見込める場合において、訴訟に踏み切る方が得策です。
離婚の申し立てソ裁判所で行うか否科の判断は、弁護士と相談の上で決定すべき事柄です。
特に、配偶者からのドメスティックバイオレンスや、配偶者の不貞行為、また、育児や家事の放棄や浪費へ気といった、明らかに配偶者に問題がある場合には、離婚訴訟へ踏み切る価値があるといえるでしょう。
離婚訴訟は、全ての手を尽くした後の最後の切り札と考えるべきです。

離婚訴訟は、長引くことが予想されるため、あらかじめ金銭的、精神的負担を考えておかなければなりません。
もちろん、弁護士が全面的に協力してくれますが、裁判所へ赴いたり、証言台に立ったりと、時間と労力が必要となることをあらかじめ知っておく必要があります。
また、離婚訴訟に踏み切った場合、当事者同士の争いが公な争いへと変化します。
夫婦間での争いの内容が全て裁判の家庭で公にされてしまうと言うリスクを考えておく必要があります。

離婚訴訟は、裁判に勝ち目があると弁護士が判断した場合において、裁判を行うべきであり、負ける可能性が高い場合は、できる限り調停で双方が合意に至ることを目指すべきです。
なぜならば、万が一裁判に負けてしまった場合、自分自身の弁護士費用と裁判費用に加えて、相手の費用まで追わなければなりません。
よって、負けるとわかっていて負け戦をすることは、大きなリスクを負うことになります。
離婚訴訟へ踏み切る場合は、弁護士とよく相談してから決断しましょう。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans