白髪染めをしたいけれど、市販品では髪が痛んでしまったり、頭皮がかゆくなってしまったりするので使いたくない。

なるべく自然な白髪染めがいいのだけれど、自分に合ったものが見つからない。

そんな悩みをお持ちの方も多いと思います。

私も若い頃から若白髪で、白髪を染めたいのに肌が敏感で染められませんでした。

何か良いものはないかとインターネットで検索していたときに、見つけた方法が染色作用のある植物、ヘナを使った白髪染めでした。



ヘナを使った染色には、ヘナが配合されたシャンプーを使い続けることによって、じょじょに髪を染めていくという方法や、ヘナと薬剤を組み合わせた製品での白髪染めもあります。

しかしこれは肌の弱い人には向きませんし、染色のスピードを重視することでヘナのトリートメント効果などの長所を犠牲にしているため、私は手間のかかるヘナ100パーセントでの白髪染めを選びました。

ヘナの粉末はインターネットで購入できます。

以下、私の染め方ですが、まず自分の髪の長さに適した分量の粉をビニール袋の中にあけます。



紅茶を濃い目に淹れて、冷ましたものでビニール袋の中のヘナを溶き(後でもう一度使うので、紅茶は少し残しておいてください)ペースト状になるまで揉みます。

マヨネーズほどの硬さになったら、1時間寝かせます。

その後、残りの紅茶で再びヘナのペーストをやわらかくします。

このときビニール袋のままお湯に漬けて暖めると、塗るときに気持ちが良いです。

ビニール袋の端を切って、頭の上に生クリームのように搾り出して頭皮に塗りつけ、髪にも塗って頭上にまとめ、1時間放置して流せば白髪がオレンジに近い赤茶色に染まります。

色が明るすぎるという人は、ヘナにインディゴを足して染めると茶色から黒に近い色になります。

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans